お礼状のあれこれ

贈り物を頂いた際のお礼状
お礼状は社会人にとって大変重要な役割を果たすものです。
cirmerry13.seesaa.net/

内定、退職でのお礼状
退職でのお礼状の書き方を紹介します。
cirmerry13.seesaa.net/

ビジネス文書でのお礼状
礼状というとなんとなくプライベートで送るもののほうが多いよ
うな気がします。
cirmerry13.seesaa.net/

| 礼状

就職活動でのお礼状


就職活動をした際にお世話になった人に礼状を出します。

就職活動ではお礼状や添え状は必要不可欠なものなのです。
今までお礼状や添え状に触れる機会も少なくなじみが無いため、どうやって書いたら良いのかわからない人も多いかもしれません。
お礼状の文例を挙げるので、参考にしながら、魅力あるお礼状を作りましょう。

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、先日は私の就職活動につきまして大きなお力添えをいただきましてまことにありがとうございました。お力添えのおかげで本日、○○より内定の通知をいただくことができました。
自分が志望しておりました会社への就職が内定しうれしさで一杯です。
これもひとえに○様のお力添えのおかげであると心よりお礼、感謝申し上げるしだいでございます。
今後は、お力添えいただいた○様のお名前を汚さぬよう、日々精進してまいりますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
また、後日ご挨拶に伺わせていただきたいと思っておりますが、取り急ぎ、ご報告とお礼を申し上げるしだいでございます。
平成 年 月 日 
敬具
氏名
住所
電話番号


また、メールで就職活動の説明会のお礼状などを出す場合はきちんとした決まりが無いようです。
ただし、最低限失礼の無いような文章でメールを出す必要があるのは当然です。
こちらの場合は企業に対し、説明会への参加を感謝する、または面接の時間をとっていただいたことに感謝するといった意味合いを持ちます。
最終面接が通った場合には企業の採用担当者に自分の印象度をアップしてもらうためにも、面接に対する礼状を送ると良いでしょう。
文例を挙げておきいますので参考にしてみてください。

○会社
採用ご担当  ○様
自分の住所氏名
お礼状
拝啓 貴社におきましては時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
このたびは貴社採用面接に参加させていただきまことにありがとうございました。
貴社の(面接をした企業の理念や経営方針、具体的な仕事内容について記載する)貴社に就職させていただきたいという気持ちが高まり、理解を深めたいと思っている次第です。
この度の面接がよい結果となり、私の力を貴社で生かすことができるよういっそうの努力をしていきたいと考えております。
それでは面接での良い、結果心よりお待ちしております。
面接時や、面接以前に自分が知り、また研究した企業についての知識をお礼の文の下にいれ、その企業で自分がどんな役割を果たすのか、何をやっていきたいのかなどを記載すると良いでしょう。

敬具


| 礼状

結婚式でのお礼状


結婚式でお世話になった、仲人さんや親戚、友人、知人などに礼状を出します。

また、結婚のためにお祝いとして品物をいただいた場合などにも当然お礼状を出します。
結婚式の礼状では、結婚式が終わり、また品物をいただいてからできるだけ早めに礼状を出すのが最大のポイントとなります。

結婚の際の礼状の構成としてはまず、時候の挨拶からはじめます。
次に、結婚式に来ていただいたことや、お祝いの品物をいただいたなど、自分がお世話になったことに対するお礼の気持ちを丁寧に述べます。
さらに、二人が幸せでしていただいたことに対する喜びの気持ちを伝えるようにしましょう。

次に新居の話題を出し、可能であれば一度は来ていただきたいというお招きの言葉を入れます。
当然のことながら、仲人さんや親戚などでは形式にのっとった丁寧な言葉で書きます。
友人や知人会社の同僚などの場合は堅苦くならなくても良いので、自分の言葉で感謝の気持ちを伝える礼状を書くと良いでしょう。

文例を紹介しますので、自分なりにアレンジして礼状を作りましょう。
結婚式に出席いただいた際の文例です。参考までに。

拝啓 風薫る五月となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
このたびはご多忙のなか、私どもの結婚式にご出席いただきまことにありがとうございました。
たくさんのかたがたから祝福のお言葉を頂き、これからの責任の重大さをひしひしと感じるとともに、身の引き締まる思いでございます。
また未熟な二人でございますが、これから二人で力を合わせ、暖かく幸せな家庭を築いてまいります。新居は○○に設けてありますので、お近くにこられた際にはぜひお立ち寄りいただけますようお願い申し上げます。
今後とも、未熟で若き二人にご忠告、お励ましを頂きますようお願い申し上げます。


また、品物をいただいた際の文例です。
こちらも参考までにどうぞ。

初夏の風に肌も汗ばむころとなりました。
このたびは私ども結婚の贈り物として○○を頂まことにありがとうございました。
新婚ににあう大変(品物の特徴などを書く)素敵な○○で、私も妻も大変気に入っております。
今の時期に大変ぴったりで早速使わせていただきたいと思っております。
新居の引越しも無事に済み、ようやく片付きましたので、ぜひとも遊びにいらしていただきたいと思っております。
このたびは素敵なお品物を頂き、まことにありがとうございました。


まずはお礼まで。
このような文例を参考にし、人と場合によって文章を変えると良いでしょう。



| 礼状

香典返しの礼状


冠婚葬祭でも礼状を送ります。

ここでは冠婚葬祭の中でも不幸のあった場合、香典返しの礼状・挨拶状の書き方を紹介したいと思います。
香典返しというのはある日突然しなくてはいけなくなったりします。

香典のお返しをするのは忌明けである四十九日が一般的なようですがこれには必ず礼状や挨拶状を添付します。
香典返しの礼状に記載する表書きですが薄墨で奉書紙に記載するのが一般的なようです。

また最近では薄墨で印刷をしてもらう場合も増えているようです。
また香典返しの礼状ははがきで出すことも増えているようです。
代行サービスなどもあるようですが、心のこもった香典返しの礼状を書くならば自分で書くのがお勧めです。

では香典返しの礼状はどのような文章を書けばいいのでしょうか。

文例としては

謹啓 このたびは      
永眠の際にご丁寧なご弔問を頂きましてまことにありがとうございます。
過分のお供者までご配慮くださいましてありがたく申し上げます。
本日、○日忌の法要を営みました。
供養のしるしばかりに心ばかりの品を送付させていただきますのでお納めくださいますようお願い申し上げます。
本来ならばお目にかかりお礼を申し上げなければいけませんがここに謹んでご挨拶させていただきます。
敬具


こちらの礼状例文は大変簡単なものとなります。
また、最近では例文を提供してくれるサイトもあるので、礼状の文に困った際は活用してみるといいでしょう。

香典返しの礼状としては仏式一般や、戒名を入れないもの、簡単なもの、また神式、キリスト教、カード式や満中陰、さらにこの満中陰の戒名なしなどさまざまな種類があります。
自分の宗教にあったものを送るのが基本です。

またこのような文例を参考にして、自分オリジナルの挨拶状などを作るとさらに心がこもっているので、良いのではないでしょうか。
香典返しの例文はありきたりの文章であり、しかも大変堅苦しい文章だという印象を受ける人も若い人では多いのではないでしょうか。

しかし、香典返しでは他の礼状やあいさつ文と同様、社会人としての常識やマナーが問われます。
また古くからある日本古来の風習の一部分でもあるので仏事では重要なものとなるのです。

香典返しの品物を贈る際にぜひ礼状をつけると良いでしょう。
また、相手が親しい場合などには文例を噛み砕いてわかりやすい簡潔な文章の礼状を作るもの良いでしょう。

礼状の中でも重要な香典返しの礼状です。
香典返しの際には忘れずに添付すると良いでしょう。

| 礼状

お礼状に書く時候の挨拶


時候の挨拶とは日本で昔から使われて文章のはじめの部分のことを言います。
礼儀を重視したもので、丁寧に手紙を書きたいときに使用します。
礼状を書くときにも使用するので、覚えておくと良いでしょう。

また、月によって異なるのが特徴です。
ここでは時候の挨拶としてよく使用されるものを月別に紹介します。

睦月1月

寒さ厳しい折から
いよいよ寒気がつのり
大寒の節
寒に入ってからひとしお寒さが厳しくなりました
例年に無い寒さ
正月
新春
厳冬
酷寒のみぎり
謹賀新年
新春の喜び
冬来たりなば春遠からじ
寒気ことのほか厳しく

如月2月

立春
節分
早春
余寒
梅鴬の候
春とは名ばかりでまだ真冬のように寒く
厳寒の候
春まだ浅く
晩冬
なんとなく春めいて
いくらか寒さもゆるみ

弥生3月

早春の候
一雨ごとの暖かさ
春分
軽暖の候
日増しに暖かくなってまいりましたが
仰梅の候
春まだ寒いこのごろ
急に春めいて
春寒次第にゆるみ
春暖快適の候

卯月4月

春たけなわ
春光うららかな
春和の候
桜花もすっかり咲きそろいましたが
いつしか春も半ばを過ぎましたが
温暖
春日
陽春の候
葉桜の季節となり
春の愁いにとらわれ
春晩のおりから

皐月(5月)

新緑の候
新緑の野山にもえる今日この頃
牡丹の花が咲き誇り
五月晴れ
晩春
風薫る五月となりましたが
惜春
青田を渡る風
緑したたる
新茶の香りも
軽暑
青葉目にしみるころ
初夏

水無月(6月)

入梅
青葉
うっとうしい季節になりましたが
梅雨の候
長雨の候
長かった梅雨もようやく上がり
立夏
さわやかな初夏を迎え
田植えもはじまり
日の光も青く
向暑の折から
初夏の風に肌も汗ばむころ
麦秋
若鮎の踊る

文月(7月)

早天続きで
盛夏の候
真夏
爽快な夏
一雨ほしい今日この頃
暑さ厳しい折から
土用の入りとなり
急に暑さが加わってまいりました
せみの声にさらに暑さを
酷暑の候
山腹
大暑
涼風肌に心地よく
草木も生気を失う今日この頃

葉月(8月)

残炎
秋にはまだ遠く
残暑厳しい候
残暑の候
立秋
晩夏
立秋とは名ばかりの暑さ
虫の声に秋も近づき
土用明けの暑さは厳しく
暑さも峠を越し
避暑客の姿も少なくなり
初秋

長月(9月)

新秋の候
虫の音もようやく繁くなり
二百十日も無事に過ぎ
初秋の候
朝夕ごとに涼しくなり
秋冷
爽秋
名月の秋を迎えて
秋涼
残暑去りがたく
スポーツの秋を迎えて
秋色次第に濃く
清涼
野分
暑さも峠を越し
さわやかな好季節をむかえ

神無月(10月)

さわやかな秋となりましたが
中秋
菊花
冷気は日増しに加わり
空は深く澄み渡り
秋冷
行楽シーズンですが
夜長のころとなり
秋色日増しに深まり
時雨月となりましたが
稔りの秋となりましたが
秋晴の候
紅葉
菊の香るころ

霜月(11月)

日毎冷気加わり
追々寒さに向かいますが
秋気のいよいよ深く
めっきり寒くなってまいりましたが 
深秋
落葉の候
霜寒
朝夕の寒気が身にしみるころとなりましたが 
初冬
夜寒の折柄
鮮やかな紅葉の候となり 
向寒のおりから

師走(12月)

向寒のおりから 
寒気きびしき折柄
明冷
師走の候
初冬の候
歳晩の候
師走の候
歳末何かとご多端の折
年末ご多忙のおりから 
年の瀬
年もいよいよ押しせまり
師走に入って一段と寒く

このように時候の挨拶は季節や時期月によってその特徴をあらわすのです。
礼状を書く際に上手に使い分けると良いでしょう。

| 礼状

教育実習でのお礼状


大学の課程で教育実習を行いますが、その教育実習が終わった後、お世話になった先生方へ向けて、感謝の気持ちを込めて礼状を書くといいでしょう。

ここでは教育実習の後の礼状の書き方について紹介したいと思います。

教職を目指している人の最終過程である教育実習ですが、自分が卒業した母校をはじめ、まったく縁故のない学校などでお世話になって教育実習を行います。教育実習が終わった際、通常そのお世話になった学校に礼状を出します。

基本的に校長先生をはじめ、教頭先生、教科担当の先生、さらにクラス担任の先生、また教務主任の先生など個別に礼状を出してもいいでしょう。

教育実習で体験することのできた貴重な出来事や感謝の気持ちを率直に書くと良いのではないでしょうか。

文例をベースとして、オリジナリティーのある内容で本当の意味での礼状を書くと感謝の気持ちが伝わりやすくなります。
また、礼状などは修正液を使用しないように前もって下書きをしておいてから、丁寧に清書するようにしましょう。

教育実習の礼状などではあくまでも文例を参考にして、心をこめて書くことが大変重要なのです。
今後、社会人のための就職活動や就職後のビジネスマナーへともつながるものなので、学生時代からお世話になった教育実習先へお礼状を書くと良いでしょう。

書き方としては住所、大学名、学部、学科、氏名を記載します。
文面に着いては学生さんたちと過ごして心に残った楽しいエピソードや、教育実習を受けた後のこと、たとえば教員採用試験を受けるかどうかなどを書くと良いのではないでしょうか。

また、封書かはがきかで悩む人がいるかと思いますが、これは封書がお勧めです。
直接お世話になった人だけでなく、影で迷惑をかけていたりする場合があるので、たとえば用務員さんや事務職員の人にも感謝の気持ちをこめ、配慮のある文章だとさらにすばらしいのではないでしょうか。

文例をあげておくので参考にしながら自分にあった文章に変えていくと良いでしょう。

拝啓 急に暑さが加わってまいりましたが校長先生をはじめ○○先生、皆様方体調など崩されていらっしゃらないでしょうか。
先日は教育実習で大変お世話になりました。
皆様と過ごした楽しい時間を思い出し、お手紙を差し上げたしだいです。
教育実習では(と教育実習の思い出や楽しかったこと、ためになったことなどのエピソードを書きましょう)
今後、この教育実習の経験と知識を無駄にせぬよう、すばらしい教師になっていきたいと考えております。(教師にならない場合は今後の自分の目指す道などを書くと良いでしょう)
先生、そしてお世話になった皆様の健康とご活躍を心よりお祈り申し上げて降ります。
敬具


| 礼状

ビジネス文書でのお礼状


礼状というとなんとなくプライベートで送るもののほうが多いような気がしますが、ビジネス文書でビジネスレターとしてもよく使用されます。

ビジネスシーンで使用される礼状にはさまざまな種類があります。

社外に送る礼状としては、

転勤の際に相手会社の担当者などに送る礼状や

得意先の開店祝いに送る礼状、

また寄付などのお願いの際に送る礼状、

展示会の案内さらには新会社設立の際に送る礼状など、

種類はさまざまです。ビジネスに礼状はつき物です。

つまりビジネスで使用する礼状ひとつで会社同士の関係がよくもなり、悪くもなるということがあるのです。ビジネス礼状を送る際には常識的な文書できちんと書かれていることがとても重要になってくるのです。
会社を代表して送る文書なので、正確さをはじめ礼儀が問われる文章となるわけです。

時候の挨拶から始まり、内容を簡潔にまとめるといいでしょう。ビジネスで使用する礼状はプライベートで送るものとは異なり、決まった文面や形式で書かれることが多く、言葉も決まった固定文句のようなものがあります。

用紙はA4で横書きにします。文章のはじめに件名を記載し、用件は1文にひとつになるよう配慮します。また、文調はですます調もしくは段落などでわかりやすさをアピールする場合はである調でも可能でしょう。

ビジネス礼状でもっとも気をつけなければいけないことは、誤字脱字です。また相手先会社や担当者の名前を間違えるのは大変失礼となります。そのためにはどんなに自身のある礼状を作ったとしても内容をキチンと確認しましょう。取引先やお客様に大きな損害を与えることもあるので念入りに確認することが大切です。

ではビジネスで使用する礼状の基本的なパターンを紹介したいと思います。礼状だけでなくさまざまなビジネスシーンで使えるので覚えておいて損は無いでしょう。

・まず、発行年月日です。基本的には文書を発信する日を記載します。

・次に宛名です。殿や各位は必要に応じて使い分けましょう。基本的に多数に出す場合は各位となります。

・そして発信者名を記載します。社名、部署名そして氏名を右寄せで記載します。

・件名、主文となります。時候の挨拶から始まり、要点を抑え、わかりやすく記載します。

・付け加えたいことが有る場合は副文を記載します。

・結びの文句をきちんと記載します。

これらを押さえた上で自分に必要な礼状を作成しましょう。

また、礼状などビジネス文書を作成する際には、時候の挨拶などをわかりやすくまとめたものを用意しておくと大変便利です。


| 礼状

インターンシップ面接のお礼状


インターンシップとは大学などに在籍中の学生が専攻分野などと関連した就職体験をある一定期間行うことを言います。

このインターンを行う際に面接等を行い、インターンシップとして採用するか否か決定しますがインターンシップ面接の際にお礼状を出すこともあります。

インターンシップで使用するお礼状とはインターンシップの説明会や面接後に時間を割いていただいたお礼や感謝の気持ちを込めて出す礼状のことを言います。

お礼状を送るということは他の大勢の応募者の中から選別してもらうためには重要なものであるといえるでしょう。必ずしも良い結果につながるとは限りませんが、インターンシップでお礼状を送ってマイナスになるということはほとんどないでしょう。

インターンシップの礼状だけに頼らず、採用のための努力をすることが基本となりますが、他の人と差をつけるための一つの方法といえるのではないでしょうか。

インターシップの礼状としての文例は下記の通りとなります。出す際は、自分の言葉を交えつつ参考にしていただくといいでしょう。

○○会社
インターシップ御担当  ○○様
拝啓春の便りも伝わる今日この頃、貴社ますます御清栄のこととお喜び申し上げます。
○○大学○○部○○と申します。本日は御多忙の中、面接のお時間を頂戴いたしまして誠にありがとうございました。企業の方とお話させていただく機会が少ない私にとって今回の面接は大変貴重な経験となりました。貴社の〜という姿勢や、〜に対するお考え、さらには〜という方針は大変魅力を感じます。
私はまだ在学中であり、少々忙しい節もございますが、空いている時間を最大限に利用しましてお伺いさせていただければ幸いと考えている次第でございます。
もしもインターンシップにご参加させていただくことができれば私の持ちます力を精一杯がんばりたいと思っております。
何卒御検討の程、よろしくお願い申し上げます。
取り急ぎ面接のお礼を申し上げます
末筆となりましたが、貴社ますますの御発展をするとともに、今後について何卒よろしくお願いいたします。
敬具
○○大学○○部
○○(自分の氏名)


この文中に自分がその企業に対し、感じたことや、すばらしいと感じた理念、考え方、業務内容を入れると、いいのではないでしょうか。

また、文頭の季節のあいさつ文ですが、当然の事ながら季節に応じて変えることが必要です。

また、これはインターンシップの礼状に限らずいえることなのですが、礼状を出す際には面接等に行ってからできるだけ早めに出すといいでしょう。


| 礼状

内定、退職でのお礼状

退職でのお礼状の書き方を紹介します。

まず、冒頭では時候の挨拶を簡潔に書きましょう。
また退職年月日やそれまでの職歴・経歴、これまでの業績、や新しい職場での抱負や、退職後も以前と変わらないお付き合いをお願いすること、そして引っ越した際には新しい住所を記載しておきましょう。

退職時のお礼状でぜひ記載しておきたいのは、新しい居住先やそれに伴う新しい生活への抱負です。

ポイントはやたらと長く書かないことです。文章の体裁を考え、簡潔にまとめることです。

また、この退職礼状は退職後3ヶ月以内に出すのが良いでしょう。

例文としては

拝啓 春暖の候ご清祥のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、深くお礼申し上げます。
さて、このたび私の退職につきましてご芳志を賜りまことにありがとうございます。
これからは趣味の○○に本腰をいれ、また妻と余生楽しく暮らしていきたいと考えております。
在職中はひとからならぬご厚情をたまわり心より感謝いたします。
今後とも末永いお付き合いをお願いいたします。
敬具


この場合、封書で出す際には日付を入れたほうがよいでしょう。

内定礼状の書き方を紹介します。

まず、内定礼状とは、就職活動で内定をいただいた際に送る礼状のことを言います。基本的には企業や人事担当者宛に書きますが必ずしも書かなければいけないというものではありません。

これは入社に向けての意気込みと内定への感謝の気持ちをこめて書くものなので、好印象を与えることができるのではないでしょうか。これからお世話になる会社ですので挨拶の意味でも書いておくことをお勧めします。

文例を挙げてみましょう。

拝啓 貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
先日、貴社入社試験を受験させていただきました○○大学○○部の○○と申します。
このたびは内定のご連絡を頂戴いたしましたこと、まことにうれしく思っております。
貴社の一員として一日も早くお役に立てますよう、努力を惜しまないしだいでございます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
敬具


この内定の礼状は内定通知が到着後早急に送るようにしましょう。はがきで送る場合は縦書きにします。

内定承諾書の返送を求める企業もあるかと思います。
その場合には内定礼状を便箋などに記入、添付し合わせて送付すると良いでしょう。内定承諾書はきちんと期限内に送付が社会人としてのマナーです。

| 礼状

贈り物を頂いた際のお礼状

お礼状は社会人にとって大変重要な役割を果たすものです。また、日常生活の中でお礼が必要となる状況はさまざまです。

そんなお礼状を上手に書くための方法を紹介したいと思います。お礼状の書き方にはポイントがあります。

まずここではお中元やお歳暮をいただいた際の礼状の書き方を紹介したいと思います。

お歳暮やお中元など贈り物をいただいた際には、まずとにかくできるだけ早く礼状を出すことが最大のポイントとなります。

そして時候の挨拶からはじめます。

次にお歳暮などの贈り主に対し、お礼の文章を記述しましょう。

そして、個人が送り手の場合は相手の家族に配慮した文章を記述します。また相手が団体や法人の場合は他の従業員や、関係者にも配慮した文章を記述します。

文末は結びの挨拶を記述し、きちんと文章の体裁を整えると大変きれいな礼状になること間違いなしです。

文例を紹介します。

残暑お見舞い申し上げます。このたびは大変ご丁寧な心遣いを頂きまことにありがとうございました。

○○は私たち家族の大好物であり、家族みんなでおいしくいただかせていただきました。

奥様をはじめ、ご家族皆様にくれぐれもよろしくお伝えいただければ幸いです。

まだ、しばらくは残暑が続きますが、くれぐれも体調を崩されないようにご自愛くださいませ。

まずはお礼のみ申し上げたくお便りさせていただきました。まことにありがとうございました。


手紙の最後には差出人の氏名をフルネームで記入します。

このように体裁よく文章を簡潔に書くことで丁寧で失礼の無い礼状となるのです。また、贈り物をいただいたときもこれと同様の礼状でいいでしょう。

また、入学祝や就職祝いをいただいた際のお礼状では、お礼の気持ちを述べるところまでは上記と共通ですが、入学祝いや就職祝いでは本人の喜びの気持ちを記載し、親バカぶりを発揮しないのが体裁のよい礼状となるのです。また、親の名前だけでなく、いただいた子供の名前を記載するのを忘れないようにしましょう。

出産祝いもお礼の気持ちまでは同じですが、子供の性別や名前がわかるように配慮します。また出産祝いの礼状は子供が生まれて幸せな気持ちを伝える文章を記述するのを忘れないことです。

差出人は夫婦連名が基本です。

このように頂き物の礼状にもたくさん種類がありますが、基本はほぼ一緒です。何のためにその礼状を書くのかを考えると意外と簡単に礼状を書くことができるのではないでしょうか。

贈り物の礼状で一番大切なのはいただいてからできるだけ早く出すということなのです。

| 礼状

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。