就職活動でのお礼状


就職活動をした際にお世話になった人に礼状を出します。

就職活動ではお礼状や添え状は必要不可欠なものなのです。
今までお礼状や添え状に触れる機会も少なくなじみが無いため、どうやって書いたら良いのかわからない人も多いかもしれません。
お礼状の文例を挙げるので、参考にしながら、魅力あるお礼状を作りましょう。

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、先日は私の就職活動につきまして大きなお力添えをいただきましてまことにありがとうございました。お力添えのおかげで本日、○○より内定の通知をいただくことができました。
自分が志望しておりました会社への就職が内定しうれしさで一杯です。
これもひとえに○様のお力添えのおかげであると心よりお礼、感謝申し上げるしだいでございます。
今後は、お力添えいただいた○様のお名前を汚さぬよう、日々精進してまいりますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
また、後日ご挨拶に伺わせていただきたいと思っておりますが、取り急ぎ、ご報告とお礼を申し上げるしだいでございます。
平成 年 月 日 
敬具
氏名
住所
電話番号


また、メールで就職活動の説明会のお礼状などを出す場合はきちんとした決まりが無いようです。
ただし、最低限失礼の無いような文章でメールを出す必要があるのは当然です。
こちらの場合は企業に対し、説明会への参加を感謝する、または面接の時間をとっていただいたことに感謝するといった意味合いを持ちます。
最終面接が通った場合には企業の採用担当者に自分の印象度をアップしてもらうためにも、面接に対する礼状を送ると良いでしょう。
文例を挙げておきいますので参考にしてみてください。

○会社
採用ご担当  ○様
自分の住所氏名
お礼状
拝啓 貴社におきましては時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
このたびは貴社採用面接に参加させていただきまことにありがとうございました。
貴社の(面接をした企業の理念や経営方針、具体的な仕事内容について記載する)貴社に就職させていただきたいという気持ちが高まり、理解を深めたいと思っている次第です。
この度の面接がよい結果となり、私の力を貴社で生かすことができるよういっそうの努力をしていきたいと考えております。
それでは面接での良い、結果心よりお待ちしております。
面接時や、面接以前に自分が知り、また研究した企業についての知識をお礼の文の下にいれ、その企業で自分がどんな役割を果たすのか、何をやっていきたいのかなどを記載すると良いでしょう。

敬具


| 礼状
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。