結婚式でのお礼状


結婚式でお世話になった、仲人さんや親戚、友人、知人などに礼状を出します。

また、結婚のためにお祝いとして品物をいただいた場合などにも当然お礼状を出します。
結婚式の礼状では、結婚式が終わり、また品物をいただいてからできるだけ早めに礼状を出すのが最大のポイントとなります。

結婚の際の礼状の構成としてはまず、時候の挨拶からはじめます。
次に、結婚式に来ていただいたことや、お祝いの品物をいただいたなど、自分がお世話になったことに対するお礼の気持ちを丁寧に述べます。
さらに、二人が幸せでしていただいたことに対する喜びの気持ちを伝えるようにしましょう。

次に新居の話題を出し、可能であれば一度は来ていただきたいというお招きの言葉を入れます。
当然のことながら、仲人さんや親戚などでは形式にのっとった丁寧な言葉で書きます。
友人や知人会社の同僚などの場合は堅苦くならなくても良いので、自分の言葉で感謝の気持ちを伝える礼状を書くと良いでしょう。

文例を紹介しますので、自分なりにアレンジして礼状を作りましょう。
結婚式に出席いただいた際の文例です。参考までに。

拝啓 風薫る五月となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
このたびはご多忙のなか、私どもの結婚式にご出席いただきまことにありがとうございました。
たくさんのかたがたから祝福のお言葉を頂き、これからの責任の重大さをひしひしと感じるとともに、身の引き締まる思いでございます。
また未熟な二人でございますが、これから二人で力を合わせ、暖かく幸せな家庭を築いてまいります。新居は○○に設けてありますので、お近くにこられた際にはぜひお立ち寄りいただけますようお願い申し上げます。
今後とも、未熟で若き二人にご忠告、お励ましを頂きますようお願い申し上げます。


また、品物をいただいた際の文例です。
こちらも参考までにどうぞ。

初夏の風に肌も汗ばむころとなりました。
このたびは私ども結婚の贈り物として○○を頂まことにありがとうございました。
新婚ににあう大変(品物の特徴などを書く)素敵な○○で、私も妻も大変気に入っております。
今の時期に大変ぴったりで早速使わせていただきたいと思っております。
新居の引越しも無事に済み、ようやく片付きましたので、ぜひとも遊びにいらしていただきたいと思っております。
このたびは素敵なお品物を頂き、まことにありがとうございました。


まずはお礼まで。
このような文例を参考にし、人と場合によって文章を変えると良いでしょう。



| 礼状
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。