香典返しの礼状


冠婚葬祭でも礼状を送ります。

ここでは冠婚葬祭の中でも不幸のあった場合、香典返しの礼状・挨拶状の書き方を紹介したいと思います。
香典返しというのはある日突然しなくてはいけなくなったりします。

香典のお返しをするのは忌明けである四十九日が一般的なようですがこれには必ず礼状や挨拶状を添付します。
香典返しの礼状に記載する表書きですが薄墨で奉書紙に記載するのが一般的なようです。

また最近では薄墨で印刷をしてもらう場合も増えているようです。
また香典返しの礼状ははがきで出すことも増えているようです。
代行サービスなどもあるようですが、心のこもった香典返しの礼状を書くならば自分で書くのがお勧めです。

では香典返しの礼状はどのような文章を書けばいいのでしょうか。

文例としては

謹啓 このたびは      
永眠の際にご丁寧なご弔問を頂きましてまことにありがとうございます。
過分のお供者までご配慮くださいましてありがたく申し上げます。
本日、○日忌の法要を営みました。
供養のしるしばかりに心ばかりの品を送付させていただきますのでお納めくださいますようお願い申し上げます。
本来ならばお目にかかりお礼を申し上げなければいけませんがここに謹んでご挨拶させていただきます。
敬具


こちらの礼状例文は大変簡単なものとなります。
また、最近では例文を提供してくれるサイトもあるので、礼状の文に困った際は活用してみるといいでしょう。

香典返しの礼状としては仏式一般や、戒名を入れないもの、簡単なもの、また神式、キリスト教、カード式や満中陰、さらにこの満中陰の戒名なしなどさまざまな種類があります。
自分の宗教にあったものを送るのが基本です。

またこのような文例を参考にして、自分オリジナルの挨拶状などを作るとさらに心がこもっているので、良いのではないでしょうか。
香典返しの例文はありきたりの文章であり、しかも大変堅苦しい文章だという印象を受ける人も若い人では多いのではないでしょうか。

しかし、香典返しでは他の礼状やあいさつ文と同様、社会人としての常識やマナーが問われます。
また古くからある日本古来の風習の一部分でもあるので仏事では重要なものとなるのです。

香典返しの品物を贈る際にぜひ礼状をつけると良いでしょう。
また、相手が親しい場合などには文例を噛み砕いてわかりやすい簡潔な文章の礼状を作るもの良いでしょう。

礼状の中でも重要な香典返しの礼状です。
香典返しの際には忘れずに添付すると良いでしょう。

| 礼状
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。