お礼状に書く時候の挨拶


時候の挨拶とは日本で昔から使われて文章のはじめの部分のことを言います。
礼儀を重視したもので、丁寧に手紙を書きたいときに使用します。
礼状を書くときにも使用するので、覚えておくと良いでしょう。

また、月によって異なるのが特徴です。
ここでは時候の挨拶としてよく使用されるものを月別に紹介します。

睦月1月

寒さ厳しい折から
いよいよ寒気がつのり
大寒の節
寒に入ってからひとしお寒さが厳しくなりました
例年に無い寒さ
正月
新春
厳冬
酷寒のみぎり
謹賀新年
新春の喜び
冬来たりなば春遠からじ
寒気ことのほか厳しく

如月2月

立春
節分
早春
余寒
梅鴬の候
春とは名ばかりでまだ真冬のように寒く
厳寒の候
春まだ浅く
晩冬
なんとなく春めいて
いくらか寒さもゆるみ

弥生3月

早春の候
一雨ごとの暖かさ
春分
軽暖の候
日増しに暖かくなってまいりましたが
仰梅の候
春まだ寒いこのごろ
急に春めいて
春寒次第にゆるみ
春暖快適の候

卯月4月

春たけなわ
春光うららかな
春和の候
桜花もすっかり咲きそろいましたが
いつしか春も半ばを過ぎましたが
温暖
春日
陽春の候
葉桜の季節となり
春の愁いにとらわれ
春晩のおりから

皐月(5月)

新緑の候
新緑の野山にもえる今日この頃
牡丹の花が咲き誇り
五月晴れ
晩春
風薫る五月となりましたが
惜春
青田を渡る風
緑したたる
新茶の香りも
軽暑
青葉目にしみるころ
初夏

水無月(6月)

入梅
青葉
うっとうしい季節になりましたが
梅雨の候
長雨の候
長かった梅雨もようやく上がり
立夏
さわやかな初夏を迎え
田植えもはじまり
日の光も青く
向暑の折から
初夏の風に肌も汗ばむころ
麦秋
若鮎の踊る

文月(7月)

早天続きで
盛夏の候
真夏
爽快な夏
一雨ほしい今日この頃
暑さ厳しい折から
土用の入りとなり
急に暑さが加わってまいりました
せみの声にさらに暑さを
酷暑の候
山腹
大暑
涼風肌に心地よく
草木も生気を失う今日この頃

葉月(8月)

残炎
秋にはまだ遠く
残暑厳しい候
残暑の候
立秋
晩夏
立秋とは名ばかりの暑さ
虫の声に秋も近づき
土用明けの暑さは厳しく
暑さも峠を越し
避暑客の姿も少なくなり
初秋

長月(9月)

新秋の候
虫の音もようやく繁くなり
二百十日も無事に過ぎ
初秋の候
朝夕ごとに涼しくなり
秋冷
爽秋
名月の秋を迎えて
秋涼
残暑去りがたく
スポーツの秋を迎えて
秋色次第に濃く
清涼
野分
暑さも峠を越し
さわやかな好季節をむかえ

神無月(10月)

さわやかな秋となりましたが
中秋
菊花
冷気は日増しに加わり
空は深く澄み渡り
秋冷
行楽シーズンですが
夜長のころとなり
秋色日増しに深まり
時雨月となりましたが
稔りの秋となりましたが
秋晴の候
紅葉
菊の香るころ

霜月(11月)

日毎冷気加わり
追々寒さに向かいますが
秋気のいよいよ深く
めっきり寒くなってまいりましたが 
深秋
落葉の候
霜寒
朝夕の寒気が身にしみるころとなりましたが 
初冬
夜寒の折柄
鮮やかな紅葉の候となり 
向寒のおりから

師走(12月)

向寒のおりから 
寒気きびしき折柄
明冷
師走の候
初冬の候
歳晩の候
師走の候
歳末何かとご多端の折
年末ご多忙のおりから 
年の瀬
年もいよいよ押しせまり
師走に入って一段と寒く

このように時候の挨拶は季節や時期月によってその特徴をあらわすのです。
礼状を書く際に上手に使い分けると良いでしょう。

| 礼状
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。