贈り物を頂いた際のお礼状

お礼状は社会人にとって大変重要な役割を果たすものです。また、日常生活の中でお礼が必要となる状況はさまざまです。

そんなお礼状を上手に書くための方法を紹介したいと思います。お礼状の書き方にはポイントがあります。

まずここではお中元やお歳暮をいただいた際の礼状の書き方を紹介したいと思います。

お歳暮やお中元など贈り物をいただいた際には、まずとにかくできるだけ早く礼状を出すことが最大のポイントとなります。

そして時候の挨拶からはじめます。

次にお歳暮などの贈り主に対し、お礼の文章を記述しましょう。

そして、個人が送り手の場合は相手の家族に配慮した文章を記述します。また相手が団体や法人の場合は他の従業員や、関係者にも配慮した文章を記述します。

文末は結びの挨拶を記述し、きちんと文章の体裁を整えると大変きれいな礼状になること間違いなしです。

文例を紹介します。

残暑お見舞い申し上げます。このたびは大変ご丁寧な心遣いを頂きまことにありがとうございました。

○○は私たち家族の大好物であり、家族みんなでおいしくいただかせていただきました。

奥様をはじめ、ご家族皆様にくれぐれもよろしくお伝えいただければ幸いです。

まだ、しばらくは残暑が続きますが、くれぐれも体調を崩されないようにご自愛くださいませ。

まずはお礼のみ申し上げたくお便りさせていただきました。まことにありがとうございました。


手紙の最後には差出人の氏名をフルネームで記入します。

このように体裁よく文章を簡潔に書くことで丁寧で失礼の無い礼状となるのです。また、贈り物をいただいたときもこれと同様の礼状でいいでしょう。

また、入学祝や就職祝いをいただいた際のお礼状では、お礼の気持ちを述べるところまでは上記と共通ですが、入学祝いや就職祝いでは本人の喜びの気持ちを記載し、親バカぶりを発揮しないのが体裁のよい礼状となるのです。また、親の名前だけでなく、いただいた子供の名前を記載するのを忘れないようにしましょう。

出産祝いもお礼の気持ちまでは同じですが、子供の性別や名前がわかるように配慮します。また出産祝いの礼状は子供が生まれて幸せな気持ちを伝える文章を記述するのを忘れないことです。

差出人は夫婦連名が基本です。

このように頂き物の礼状にもたくさん種類がありますが、基本はほぼ一緒です。何のためにその礼状を書くのかを考えると意外と簡単に礼状を書くことができるのではないでしょうか。

贈り物の礼状で一番大切なのはいただいてからできるだけ早く出すということなのです。

| 礼状
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。